【比較】【とは】

※ブログタイトルは「検索に引っかかりやすくするため」に付けたものです。

短編小説「優等生」

僕のクラスには一人、優等生がいる。成績優秀でスポーツも万能。

 

彼女の家は渋谷のど真ん中にあるといった、所謂「お嬢さま」だ。

 


東京のマイナーな出身の僕なんかと比べ物にならない。それぐらい彼女はトップを走っている。

 

そんな彼女に、ある噂が流れた。

 

正直、信じがたい。優等生である彼女がそんなことをする筈が無い。そう思わずにはいられなかった。

 

しかし、僕は見てしまったんだ。

 

夕暮れ空が暗くなる頃、ヤンキーがカツアゲをしていた。

 

真相を確かめたかった僕は怖いもの見たさで、そのヤンキーの後をつけていった。

ヤンキーは渋谷の路地裏にある人気のない建物に入った。

よく見ると、何人もの人だかりが見え、みんなが一人の前にひざまづいている。

 

 

噂は本当だった。

 

 

「姉御、キッチリ25320円かっぱらって来ました!」


「御苦労様。お前たち、この調子で全国民から巻き上げるんだぞ」

 

 

あぁ・・・なんでそんな事をするんだ・・・NHKちゃん・・・

 

君を視聴した時には優しく笑ってくれたけど、もう君のことは恐怖でしかない。

 

正直、もう関わりたくないんだ。

 

でも、MXの僕はどうする事も出来なかった。